膣の縮小手術や洗浄をする前に知っておきたいこととは

女性医師

基本情報を知る

婦人

自分の小陰唇の状態は、一度気になりだすとやがてコンプレックスになります。少しでも異常を感じた場合は、小陰唇の状態をチェックしましょう。尚、小陰唇の手術をした方がよい場合は、小陰唇が大陰唇から顔を出している時です。これは肉眼でも確認が取れるので、用をたす時に見てみましょう。小陰唇の色がピンクではなく黒くなると、小陰唇縮小手術が必要になります。また、左右非対称だと見た目が悪いため、形を整えるといった意味から受ける方もいらっしゃいます。小陰唇が通常より肥大すれば、痛みや違和感が徐々に出始めます。これは下着で擦れたために発生したもので、放置すると先ほど挙げた黒ずみになってしまいます。さらに、尿の飛び散り方が妙におかしくなるため、太ももにかかるといったトラブルがあります。このような状態は、大阪の専門クリニックでも縮小手術を勧めるレベルになるため、発見次第早急に大阪で治療をすることが大事です。

大阪の専門クリニックで受けられる小陰唇縮小手術ですが、近年は実績がある腕の良い医師が大阪で増えたことで受ける方が増加傾向にあります。ただ言えることは、女性器の悩みは小陰唇にしても年齡で変化が出てくるものです。その過程では、小陰唇の大きさや色が少しずつ変化していくでしょう。その影響で、縮小手術を検討するようになるのは、ごく自然なことだと言えます。しかし、女性器は出産に関わる大事な部分になるため、小陰唇縮小手術も、ただ単に治したいからという理由で安易に決断出来ない部分があります。大阪の専門クリニックでは、何故必要なのか、縮小手術でのメリットやデメリットをきちんと話してくれるので、理解した上で手術をすることが大切になります。